看護師や助産師などの医療系へ転職しよう~賢く選んで賢く働こ~

案内

医療に関する仕事

働き方を考えよう

看護師

薬剤師になるには薬学部で6年間学ばなければならない上、難関の国家資格をパスする必要があるのです。また、以前は薬学部が4年制だったこともあり、一時は新卒の薬剤師が2年間出なかったのです。そのため、近年は薬剤師が不足していると言われているのです。 そのため薬剤師の資格を持っていると、様々な働き方が選択肢に入ります。正社員はもちろんのこと、契約社員や派遣社員、パート、アルバイトなど、自分のライフスタイルにあった働き方ができるのがメリットです。 例えば結婚や子育てを理由に一度調剤の現場を離れたとしても、再就職はしやすいでしょう。もちろん医療の現場は日々進化しているので再度学ぶ必要はありますが、大手の病院や調剤薬局ならしっかりとした研修制度があるはずです。

医療の仕事が人気な理由

今後高齢化社会はますます進んでいくため、医療や介護に関する仕事はさらに必要性が高まっていくことでしょう。薬剤師の資格を持っていると、一生就職に困ることはないはずです。 あまり労働力の需要がない地方エリアでも薬剤師が必要ないエリアはないでしょう。例えパートやアルバイトといった短時間労働でも、きっと歓迎されるはずです。 パートやアルバイトでも一般事務よりはかなり時給がいいのが薬剤師の仕事のメリットです。国家資格が必要なので当然と言えば当然ですが、パートやアルバイトでも短時間でそれなりに稼ぐことができるのはよいことです。 薬剤師の求人は、医療業界専門の就職コンサルティング会社がたくさん情報を持っているので、登録しておくのがおすすめです。